事例(郡山市 70歳台男性)

入院されている病院からの相談

アパートでお一人暮らしをされている男性が外出中に倒れ、救急搬送されました。その後容体も安定してきたので退院許可が出るも今後お一人での暮らしは難しいだろうとの事で、サ高住等の高齢者施設への入居が望ましいとの判断。ただ、その男性には親族がいらっしゃらないので入居申し込みすら出来ないとの事で当センターへの相談に至った。                                                                    支援内容 ①サービス付き高齢者住宅を紹介 ②ご本人と身元保証契約を結び無事入所 ③今まで住んでいたアパートの片付け及び解約手続き代行 ④万が一亡くなった際の納骨場所をご本人から伺い、死後事務委任契約を締結

PAGE TOP